Blog
2018.03.15

インフルエンザで隔離生活


みなさん、こんにちは!

吾猿屋(ごえんや)代表の佐藤です!

今回はめずらしく、私の話から。

「インフルエンザにかかりました」

5日間の隔離生活。

まさか自分がかかるとは…(笑)

いまいちピンとこないまま、薬を飲むために少しご飯を食べて………。

待っていたのは、ジャングルジムとすべり台とボールプールとおままごとセットでごった返していた部屋に、ところ狭しと敷かれたふとん。(笑)

5日間の監禁生活。

2日目から、事態を把握したであろう4才たちが、扉の向こうから話しかけてきます。幼稚園の出来事やら、妹のサンゴが何をしたとか。 ずっとしゃべり続けます(^^)(^^) いつもなら「よーしゃべるなぁ。電池抜いたろか!!」とつっこむところですが、そんな元気もなく(笑)

たまにトイレに行く時なんかに、顔をあわせてたのですが、

「パパ!今日もお仕事お休みして公園で寝るん?」

双子2人で口をそろえて、あっさりととんでもないことを聞いてきます(笑)

この監禁部屋は、普段子どもたちの遊び部屋で「おそとの公園」に対して「おうちの公園」と呼んでいる場所なんです。 私が理解をするまで、ちょっと時間がかかりました(笑)

確認はしていませんが、きっと嫁が仕込んだのでしょう。(^^)

5日が過ぎ、部屋から出るとママっ子のサンゴが珍しく飛びついてきてくれました。(^^)

みんなのおかげで、悪くない闘病生活でした。(^^)